お薬の服用で気を付けたいポイント

日常生活の処方箋

健康に役立つ記事を紹介します。

病気を治したり、症状を軽減したりといった効果のある「お薬」ですが、これらにはそれぞれ、決められた用法というものがあります。また、お薬によっては、身体に合わない人、服用できない体質の人もいます。よって服用する前には、その薬が体質的に問題のない薬か、服用できる条件を満たしているかを確認しておく必要があります。薬という単語は、逆から読むことにより「リスク」とも読めるのです。
このサイト「日常生活の処方箋」では、そういった薬の飲み方を中心に、健康に役立つ記事を紹介しています。

薬と相性の悪い食べ物の組み合わせ

病気になった時に、お医者さんから処方される薬の中には、普段私たちが何気なく食べているものと相性が悪いものがあるのをご存知でしょうか。
今回は、薬と相性が悪い食べ物の組み合わせをご紹介します。
まずはワーファリンと納豆・クロレラの組み合わせです。
ワーファリンには血液の固まりにくくする働きがあります。
一方、納豆やクロレラにはビタミンKという血液を固めやすくするという働きがあるビタミンが含まれています。
ワーファリンを服用中の人が納豆を食べてしまうと、せっかく血液を固まりにくくしている効果がなくなってしまいます。

グレープフルーツと同時に飲めない薬があります。

次に降圧剤・高脂血症薬・不整脈薬などの一部とグレープフルーツです。
降圧剤はカルシウム拮抗薬と呼ばれる部類のアダラート・カルブロック・コニールなど、高脂血症薬はリピトール、不整脈薬はワソランが挙げられます。
これらの薬は体内で吸収されたあと肝臓で分解されるのですが、分解に必要な酵素が同じなのです。
グレープフルーツに含まれるフラノクマリンという成分が、これらの薬の分解に必要な酵素の働きを抑えてしまいます。
その結果、薬は体内に長くとどまる結果となり、薬の効果が予想以上に強くなってしまうのです。

薬とカルシウムが化学反応を起こしてしまうケース

最後に骨粗鬆薬・抗生剤や便秘薬の一部と牛乳です。
骨粗鬆薬にはダイドロネルなど、抗生剤はミノマイシンが代表的なテトラサイクリン系やクラビットが代表的なニューキノロン系があります。
牛乳にはカルシウムがたくさん含まれています。
これらの薬とカルシウムが一緒に体内に入ると、薬とカルシウムが化学反応をおこしてくっついてしまいます。
その結果、体内への吸収率が格段に落ちてしまいます。
また、便秘薬にはこーラックやスルーラックといった、胃で溶けずに腸で溶けて効くというタイプの薬があります。
これは酸性の強い胃液の中では溶けず、中性の腸液の中で溶けるように特殊なコーティングがされているからです。
しかし、牛乳には酸性の液を中和してしまう働きがあるので、一緒に服用すると胃の中で薬が溶けてしまいます。
効果が得られないばかりでなく、胃を荒らすことにもなってしまいます。
薬と相性の悪い食べ物の組み合わせは多くあります。
薬と相性の悪い食べ物の組み合わせはたくさんあります。
薬を服用中の人は、医師や薬剤師に確認をしておいたほうが安心です。
オススメサイト
  • 最新のED薬であるシアリスは、薬局では市販されておませんので、病院で処方してもらう必要があります。
  • いま日本では、ED(勃起不全)で悩まれている方は多いです。 EDの改善に大きな効果を持つレビトラについては、こちらのレビトラ購入ナビが分かり易く説明を記載しています。

  • 男性ホルモンが原因となっている抜け毛にお悩みでしたら、わかりやすく解説されているフィンペシアについての基礎知識を読むと、抜け毛の対策が理解できます。
  • 借金に関する様々な悩みを、まずは無料相談にてお聞きします。関東をメイン全国サポート行う債務整理 千葉が貴方のお悩み解決に力を尽くします
  • 引越し業者の探し方は、昔のように一社一社連絡をして選ぶ方法ではなく、複数の業者を一度に比較することのできるインターネットでの一括の引越し見積もりに移行しています。
 
 

ホーム サイトマップ